銀行系カードローン比較|金利が安いローンが一目でわかる!

密かに筋トレを始めたこと

去年にプロ野球のオープン戦を見に行ったことがあります。私はそれほど野球通ではないので、有名な選手くらいしか知りませんでしたが、友人が控え選手のことなども教えてくれたのです。

 

 

 

何人かのプロ野球選手とすれ違うことがあったのですが。やはり腕の太さや首の太さはかなり凄いと感じたのです。高校野球などでは細身の高校生ばかりなので、すごみは全く感じませんでしたが、やはりプロになるとハードな筋トレをやっているのだと感心したのです。

 

 

 

「あれくらいの筋肉になるには、何年かかる?」なにか勢いで聞いてしまったのです。

 

 

 

「プロテインを飲みながら集中的にやれば、1年くらいでは可能なのでは?」と友人が言っていました。

 

 

 

その言葉が変に頭の中に残ってしまい、1年後までに筋トレでどこまで高めることができるか?を試してみたくなったのです。当然、友人へのサプライズ企画なので誰にも教えません。

 

 

 

周りの人たちが変化に気が付いた頃には、腕も太くなり腹筋も割れているという作戦なのです。

 

 

 

まずは作戦の第一歩を踏み出す為に、腕の筋力を高めるダンベルを買いに行きました。ダンベルに関しては、アマチュア用のような格安なタイプは存在しないようで、結構高額な用品しか見つかりませんでした。

 

 

 

とりあえずは、ペットボトルに水を入れてダンベルの代わりにしようかと思っています。

 

 

http://reirris.exblog.jp/

カードローンの使い方

カードローンは申込み、利用が簡単に出来ますが、借金には変わりないので利用するときは色々気をつける必要があります。

 

まず、カードローンといっても消費者金融や銀行など色々な所で利用することができ、即融資や審査なし、低金利など色々な種類がありますので自分の目的に合わせたカードローンを選んでください。

 

次に、申し込み方としては複数あり、郵送、インターネット、店頭、無人ATMなど色々あります。

 

 

申し込みの際は、個人情報を入力しますので、情報を正確に入力する必要がありますし、それなりに時間は掛かりますので、時間に余裕を持って申し込みましょう。

 

申込んだ後は、種類によって審査の時間は違いますが即融資などになると、短時間で返答がきますので、外出は控えた方が良いと思います。

 

審査に通ったら、お金を引き下ろすカードを受け取る必要がありますが、店頭と郵送、どちらかを選び受け取ってください。

 

受け取る際は本人確認を証明できるものが必要ですのでキチンと準備しておきましょう。

 

カードを入手したら早速お金を引き下ろす事が出来ますが、法律により自分の年収の3分の1しかお金を借りることはできません。

 

しかし、限度額内であれば何回でも引き下ろす事が出来ますので、自分の必要な金額を下ろし、返済期間内に返済して正しい使い方をして下さい。

カードローンのお金を大切に使用する

 

カードローンでお金を融資してもらったお金は、大切に使用するようにしてください。

 

お金はその方の目的によって、使用される場面が異なってきます。

 

例えば冠婚葬祭などが頻繁に起きてしまい、お金を準備しなくてはいけないので、カードローンを利用したり、子供の教育費やその他の費用が足らなくなってしまったので、お金を準備したり様々です。

 

一番してはいけないのが、ギャンブルにカードローンのお金を使用してしまう事です。

 

ギャンブルによって、お金を増やす事ができれば問題ありませんが、ギャンブルを行っている方のほとんどはお金を増やす事ができずにいます。

 

ギャンブルでお金を消費するという悪循環にもなりますので、絶対にカードローンで融資されたお金はギャンブルに使用しない様にしてください。

 

自分の目的のために、大切に使用していただき、お金を少しずつ返済するようにしてください。

 

地道に返済することで、必ず完済する事ができる日が来ます。お金を融資してもらった時のお礼の気持ちと感謝の気持ちを込めて、返済するようにしてください。

 

何度も言いますが、カードローンで融資してもらったお金をギャンブルで浪費するのは破産の原因にもなりますので、絶対に止めてください。

賢いカードローンの使い方

 

テレビCMなどでもいろいろな金融機関のカードローン商品を見かける機会が増えています。

 

その為カードローンを以前よりも身近に感じ、実際に手軽に利用している方も増えているかもしれません。

 

カードローンは専用のカードを使用し、ATMなどを利用してお金を借りることが出来る仕組みになっています。

 

しかしお金を借りる際には既定の金利がかかり、その利息を加えた金額を返済する決まりになっているのです。

 

そこで、より賢くカードローンを使う為には金利の低い金融機関と融資の契約を結ぶことが必要になってきます。

 

カードローンを扱う金融機関の中で最も金利が低い傾向にあるのは、やはりなんといっても銀行や信金などです。

 

預金業務も行う金融機関は融資の際の金利が低めに設定されており、カードローンを賢く利用したい際にはぜひとも契約を結んでおきたいところと言えるでしょう。

 

しかしこれらの金融機関は金利の低さに反して若干審査が厳しめになっています。その為収入状況などによっては審査に通過できず、契約を結べないケースも少なくありません。

 

銀行などで審査に通過できなかった場合は、銀行の貸付業務だけを専門に行う消費者金融を利用すると良いかもしれません。

 

これは銀行系消費者金融と呼ばれていますが、一般の消費者金融に比べて金利が低めになっており、しかし銀行等に比べると審査基準が甘くなっているのです。

 

賢く借りて賢く返すには、返済負担を減らすことは必須条件になります。金利の低い金融機関を上手に利用して賢くお金を借りましょう。

銀行の口座がなくても即日カードローンを利用できる

 

カードローンで即日融資を受けるためには、ネットから直接自分の口座に振り込んでもらう方法が一般的ですね。

 

ただ、人によっては指定された銀行の口座を持っていない場合もあります。

 

この場合、翌日以降まで融資を受けるのを待たなければいけないのかと困ってしまいますね。

 

 

 

口座がなくても即日融資を受けたいときには、無人契約機を利用するのがお勧めです。

 

 

 

消費者金融では、無人契約機に行きそこでカードを発行してもらうことで、その場でお金を借りることが可能です。

 

この消費者金融のサービスについてはご存知の方も多いと思うのですが、最近では銀行のカードローンでも同じようなサービスを受けることができるのです。

 

 

 

銀行のカードローンを利用する時、まずネットで審査を行い、本人確認書類などを持参したうえでカード発行に対応した機械がある支店まで赴きます。

 

その機械を使ってカードを発行してもらえば、その場でお金を借りることができるのです。

 

 

 

銀行というと、即日融資を受けられるのか不安をお感じの方もいらっしゃると思うのですが、今では状況にかかわらず即日融資を受けられるように、配慮したサービスも行っています。

 

 

 

その日のうちに必要なお金を用意したいときには、即日カードを発行してくれる銀行を選んでみるとよいですよ。

カードローンの審査基準を知るには

 

カードローンを使用するためには、審査を通過しなければいけません。

 

審査を通過する事ができない方は、残念ながらカードローンを使用する事ができません。

 

この審査なのですが、カードローンを提供している企業によって、若干異なっています。

 

企業によっては、審査基準がインターネット上のサイトに掲載している場合がありますので、審査を気にしている方は一度確認していただきたいと思います。

 

この審査基準をクリアしている方は、カードローンを使用する事ができる可能性が高くなります。

 

逆に審査基準がギリギリかもしくはクリアしていない場合には、残念ながらカードローンを使用する事ができない可能性がとても高いです。

 

ですが、諦めてしまって申込を行わなければ、全く使用する事ができませんので、気になる方は、とりあえずカードローンの申込を行ったほうがいいです。
実際に申込前に、審査シュミレーションを行う事ができる企業もあります。

 

審査シュミレーションを利用する事で、審査を通過する事ができるのか判断する事ができますので、利用してもらいたいです。

 

安定した雇用と収入を確保する事ができるお仕事をしている方は、カードローンを利用する事ができると思います。

カードローンの審査とはどういうものか

 

カードローンの申し込みをすると必ず審査を受けることになります。カードローンというものは基本的に担保なしで融資をするというものですから、申し込みをした人がきちんと返済を出来る能力を有しているかどうかを見極めるという意味でも避けては通れないものなんです。

 

ではローン会社は具体的にどのような部分を審査しているのかをいくつか紹介したいと思います。

 

最もよく見る部分のひとつであるのが申し込みをした人が以前に金融機関などでお金を借りていたことがあるかどうかということです。

 

またお金を借りていた場合は様々な金融業者から同時に借り入れをしていたのかとか、返済の遅延や延滞があったのかどうかなどが調べられます。

 

この調査でもしそのようなことがあった場合は審査に不合格となるケースがありますので気をつけたほうがいいでしょう。

 

またきちんと仕事にに就いているかということも審査の際には大切になってきます。

 

もちろん正社員として働いていて就業年数が長くて年収が多いほうが審査の時に有利になることは間違いありませんが、たとえアルバイトのような非正規雇用の方でも長期間安定した収入となっていれば審査に合格するケースのほうが多くなっています。

 

ですから何らかの仕事に就いて入れさえすれば基本的には問題無いと思います。