グルコサミンの摂取の仕方

グルコサミンの摂取の仕方

関節の軟骨を補強したり、血流を良くしたりといった健康効果のあることで知られるグルコサミンですが、正しい摂取の仕方を知っておくことが必要です。

 

まず、グルコサミンは適切な摂取量が決まっています。

 

たくさん摂取したからといって副作用があるわけではありませんが、コスト的にもったいないですから、必要な量だけを摂取すべきです。

 

1日の摂取量の目安は、その人の体重によって変わってきます。

 

体重70kg前後の人は1500mg、90kgを超える人は2000mgなどとなっています。

 

サプリでグルコサミンを摂取する場合は、サプリの個数で摂取量を調整しましょう。

 

また、摂取する回数については、朝だけ、夜だけというようにまとめてしまうのではなく、分散させるべきです。

 

分散させたほうが、より効率的にグルコサミンの吸収が行われるようになり、グルコサミンの効果が高まります。

 

理想的には朝、昼、夜の3回に分けて摂取すべきです。

 

仕事の都合などで昼の摂取は難しいという場合も、朝、夜の2回に分けましょう。

 

摂取回数を増やしたい場合はサプリタイプのグルコサミンがおすすめです。

 

持ち運びやすいですし、短時間で摂取できます。仕事場にも気軽に持ち込めます。

 

残業が続いていて時間の無いサラリーマンには特におすすめできます。

膝の痛みからグルコサミンを飲み始めました

 

いつ頃でしたか、凄く眠たくなりそのままの姿勢で眠りこけて寝てしまったことがあるんです。

 

うつ伏せで1時間ほど寝てしまってから起きたんですが、膝の痛みと共に目覚めた感じもありました。

 

凄く痛くてあまりの激痛に寝起きのまま苦痛の表情をしてたので嫁にどうしたのとビックリされました。

 

それから仕事には往復歩くようにしていたんですが、明らかに痛みが酷い状態になってしまい何か良い方法はないものかとネットを検索しているとグルコサミンのレビューがあったので読んでいました。

 

効果があったとか、飲み方についてなどを読んでいると自分も試しにグルコサミンを飲んで見ることにしたんです。

 

と言っても色々なグルコサミンが各社から販売されているので迷いましたが、レビューで見た内容から選ぶようにしたんです。

 

それから始めるようになったグルコサミン生活、何日間は何の変化も見られない日々でしたが、数日すると膝の感じが明らかに違っていました。

 

擦るような痛みもまったくなくて、膝を曲げても何の違和感も無かったのでビックリしました。

 

あれほど痛みのあった膝がまさかグルコサミンを飲んで効くとは正直思ってなかった私だったので、今では飲まずには居られない生活になっています。