40代から発症する膝関節痛にはグルコサミンが効果あり

40代から発症する膝関節痛にはグルコサミンが効果あり

母が脚を怪我してから片方の脚に体重をあまりかけられなくなって、体が傾くようになりました。

 

こうした片方の脚にだけ負担がかかったりすると変形性膝関節症になりやすいそうです。

 

脚の骨の関節の軟骨に過剰な負担がかかってすり減り、動くと関節が痛むようになる病気です。

 

変形性膝関節症にはグルコサミンが効果があるので、サプリメントを買って飲んでもらうことにしました。

 

母のように一方の足や膝を怪我した人もなりやすいのですが、その他にも太っている人やO脚の人、重たい荷物を持ったり重労働をしてきた人がなりやすく、早い人では40〜50代で発症する人もいるそうです。

 

今の40代、50代というとまだまだ若い気がしますが、徐々に体の中は衰えてきているので気をつけていかないといけませんね。

 

グルコサミンを飲む他にも、太ももの筋肉を鍛えるのも良いそうです。

 

筋肉は年を取ってからでも鍛えられますが、若い頃から運動習慣がないとなかなかトレーニングを続けるのが難しくなります。

 

特に高齢になってからだと無理が出来ないので、サプリメントを利用した方が効果があるのではないかと思います。

 

それにしても若い時はお年寄りが脚が痛いといっても何だかピンとこず、自分にもそういう日が来るとは考えられませんでしたが、今は早めに予防しないとって思うようになりました。

 

年は取りたくないものです。

グルコサミンを購入したのは両親の関節痛対策のためでした

 

年老いた両親は車を持っていないので、基本的には徒歩で出歩いています。

 

私が仕事の休みの日には送迎もしますが、車を手放してしまったことによりあまり外には外出しなくなったんです。

 

歩くようになれば健康的になってくれると信じていたのですが、どうも関節痛が痛くて辛いようです。

 

年齢柄、そういった関節痛はしょうがないものかもしれませんが、辛そうにしている両親を見ているといたたまれない気持ちになります。

 

なにかしてあげられることはないかとインターネットを検索すると、グルコサミンの存在を知りました。

 

どうやらグルコサミンは関節痛にも作用してくれるらしいので、とりあえずはこれを飲んでみらってから様子を見たいです。

 

その内病院には連れていく予定ですが、数週間先まで仕事を休める予定はないのでお試しするようにと渡しました。

 

グルコサミンと一口にいっても色々なものがありますが、なんとなく口コミの評判がよかったものを選んだんですよね。

 

飲み続けるのは両親なのでできれば効果のあるものを飲んでほしいという娘の願いだったのです。

 

今は渡してから毎日グルコサミンを飲んでいるようですが、関節痛も少しずつ収まってきたそうです。

 

将来に渡って効果が続いてくれればみんなにとってハッピーですね。